--.--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006.10.22.Sun

03kan13.jpg
ついカッとなってやった

反省なんかしてません


03kan11.jpg

道端に落ちていた少女を連れ帰る祐一

危ない言い方だけど間違ってはいない

本物の雪と見まごう程の表現はさすが京アニといったところ


03kan12.jpg

秋子さんと名雪には大きなおでんだねに見えるらしい

さすがは親子


03kan14.jpg

少女の財布の中には、千円札が3枚、CDの割引券、テレカ、レシート、プリクラのシートがそれぞれ1枚ずつ

ちなみに原作では割引券は4枚あったはず

千円札が野口英世じゃなくて、夏目漱石ということは、やはり原作と同じで1999年が舞台みたい

※【水瀬家1999のプリクラ】も原作通りになるんでしょうね(何気に気になっていたんですよね)


03kan15.jpg

「了承♪」

Kanonにおける神の声にも等しい秋子さんの「了承」

逆らう事などできるはずもなく


03kan16.jpg

原作ファンならとりあえずキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッだよなぁ


03kan17.jpg

原作ではコンニャクプレイは真琴が祐一にやったはず

マコピーの猫のような動きがえぇですなぁ

※【実際はキツネさんですが^^


03kan20.jpg

栞といえば学校の中庭

降りしきる雪が原作より更に中庭の寒さを感じさせますね

登場の仕方といい、彼女の儚さがよく表現されていて良いですね

祐一を支点にカメラが回りこむようなカットとか手が込んでるなぁ

苗字を教えなかった事とか、勘の良い人ならば彼女が誰に会いにきているかわかるはず


03kan23.jpg

舞&佐祐里さんとはいまのところニアミスばかり

舞スキーな管理人は早く舞の活躍が観たい


03kan24.jpg

京アニ版あゆはコロコロ具合がたまらん

このままお持ち帰りしてしまいそうなくらいかわゆい


03kan25.jpg

あゆの探し物

祐一との会話の中で彼女自身も突然思い出す

自分でもそれが何なのかわからない

ただ『大切なもの』とだけ

あゆの探し物については、京アニ版があゆエンドを目指して製作されているならば(恐らくそうでしょうが)、クライマックス直前で明かされるはず


03kan28.jpg

真夜中の校舎に一人たたずむ少女

そして少女の手には似つかわしく無い一振りの剣

舞は奇跡を描いたKanonのお話の中でも、もっともファンタジー色の強いストーリー

なぜ彼女が真夜中の校舎で剣を振るっているのかは、次回に明らかになりそう


今回はなんと言ってもマコピーの可愛さが特出してましたね

飯塚雅弓さんの演技も彼女の無邪気さをよく表現していて素晴らしいと思います

まぁその分※【後半の真琴とのギャップが大きそうで】ツライのですが

祐一が真琴のプリクラを剥ぐシーンはカットされてましたね

真琴編プレイ済みで尚且つ真琴ファンの人からすれば、あれは祐一に殺意すら覚えるシーンだったんですが^^


-今回のポイント-

・アバンのモノローグ
・祐一の事だけは覚えていた真琴
・真琴の財布、※【祐一「落とし物をそのまま流用しているみたいだな」
・プリクラ(とその表情)。・゚・(ノД`)
・栞の探している相手、彼女の苗字
・あゆの探し物
・携帯を知らないあゆ
・真夜中の校舎で一人剣を振るう舞


次回予告、

03kan33.jpg

休日の奇想曲~caprice~

原作には無かったあゆと真琴の絡みが!!



Kanon 各話レビュー

b_04.gif
マコピーの可愛さは異常!!って方は是非(σ゠∀゠)σポチッ!!とお願いします♪
スポンサーサイト




Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。