--.--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006.02.07.Tue

『遊月恋歌』、『闇の翼ですべてをつつむ夜のためのアリア』、『RoseMoon』等々、、、アリプロのバラードには素晴らしい物がたくさんあります

主にアニメタイアップ系、『禁じられた遊び』、『月蝕グランギニョル』、『聖少女領域』等のアップテンポなアリプロが好き!っていう人や、バラードは聴いたことが無いっていう人には是非聴いてみて欲しいですね

アリプロの新たな魅力にきっと目覚めるはずです


そんなわけで私的ながらバラード曲のランキングなんぞを、、、





と思ったけど、数あるアリプロのバラード曲はどれもそれぞれに違った魅力に溢れていて、歌詞や曲の系統も一筋縄じゃいかないくらい多彩

とてもじゃないけど順番なんか付けれるものじゃないです、、、(最初の勢いはどうしたw)


でもそれじゃ話しが進まないんで、私的おススメとしていくつか紹介できたらな、と

んでこの記事、かなり長くなると思われるので、数回に分けて書いていこうと思います



とりあえず今回のテーマは『泣けるバラード』



☆『雪のひとひら』アルバムDALI、星と月のソナタ収録

☆『共月亭で逢いましょう』アルバム星と月のソナタ、EROTIC&HERETIC、他収録

☆『RoseMoon』アルバムNoblerot、他収録

☆『金いろのひつじ』アルバムNoblerot、他収録

☆『遊月恋歌』アルバムEROTIC&HERETIC収録

☆『闇の翼ですべてをつつむ夜のためのアリア』アルバムARISTOCRACY収録

☆『星月夜』アルバム月光嗜好症、シングル星月夜、他収録

☆『春葬』アルバムetoiles収録

☆『緋紅的牡丹』アルバムdilettante収録



結構絞ったつもりだけどそれでも多いなw




☆『雪のひとひら』

かなり初期の曲だけど、今聴いてもなんら色あせることない名曲

ひとひらの雪のように儚く過ぎ去ってしまった過去を、美しいワルツをバックにアリカさんが切なく歌い上げる1曲



☆『共月亭で逢いましょう』

共月亭とは鹿児島に実在する中国風の四阿(あずまや)のこと

そしてこの『共月亭で逢いましょう』は、今は亡きアリカさんの幼なじみの女性との想い出の場所となってしまったこの四阿を舞台に書かれた曲

歌詞に込められた想いを感じながら聴くと泣けます、ホント、、、

アリプロの曲にはタイトルが同じでもバージョン違いやアレンジ違いのものが結構あって

でこの『共月亭で逢いましょう』もオリジナルverとストリングスverがあるんですけど、おすすめはオーケストラアレンジされたストリングスver(ストリングスアレンジアルバム/月光嗜好症収録)

美しいストリングスのメロディーと相まって、切なさが段違いです





☆『RoseMoon』

「心まで裸になれる瞬間をください 薄紅の薔薇になってその胸の中で散りたい」

サビのこのフレーズがたまらなく好き

余談ですが、この曲には『月の中の少女』というインストver(ストリングスアレンジver月光嗜好症収録/ピアノアレンジverアリプロコンポーザー片倉三起也氏のソロアルバム月のひかり収録)があって、こちらもかなりおすすめです





☆『金色のひつじ』

「泣かないで そこにいて やさしい歌をあげるから、、、」

アリプロでは珍しい(?)癒し系な1曲

心が弱っている人に是非おすすめ

涙の癒し





☆『遊月恋歌』

アリプロのバラード曲の中でも特に人気の高い名曲

儚くそして美しい物語

歌詞、タイトル共に1、2を争うほど好きです

数あるアリプロの曲のなかで恐らく1番聴いた回数が多いのがこの曲と思う

一度はまったらかなり中毒性高いです

と同時に泣けます




☆『闇の翼ですべてをつつむ夜のためのアリア』

ある意味真打的な1曲

共月亭で逢いましょうと対となる想いが込められた歌詞

そしてそれをピアノのみでアリカさんが歌い上げる、鳥肌がたつほどに美しいアリア

『遊月恋歌』辺りが好きな人には是非聴いてほしい1曲

アリプロの曲のなかで1番タイトルが長い曲でもあります

次点は『夢魔の夜、あなたを迎えるものがある』




☆『星月夜』

アリカさんが言うところのある意味究極の愛の唄

これもいくつかver違いが存在しているけど、おすすめは月光嗜好症収録のオーケストラver

ライブのたびに大切に歌われてきた名曲




☆『春葬』

「葬ってください 満開の桜の下に」

恐らく切なさでは『遊月恋歌』や『闇の翼で~』に匹敵するほどの1曲

『和』テイストバラード

この世界観が好きな人には、同じアルバムに収録されている『我が恋は月光に散りぬ』辺りもおすすめ

ストリングスアレンジアルバム/etoiles収録




☆『緋紅的牡丹』

2番のサビをアリカさんがすべて中国語で歌っているのが印象的

中国語って歌にするとホント美しいって思う




















スポンサーサイト




Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。